読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嵐2016年度コンサートin東京(11/19)の話 p.5

長いわ!!これで終わります。

ついにアンコール。寂しい。

1. a day in our life

アンコール1曲目これなんだ!?全身全霊目指してくway!!

潤くん智くんが近づいて、智くんがほっぺちゅーを要求するとぷいと向いて行っちゃう潤。んんん。

あとたぶんこの曲だと思うけど、潤くんがノリノリでラッパー風に二宮くんにしかけにいったらそれを上回るラッパー風ノリでノックアウトしてた潤。自分から行って笑っちゃう潤。はいかわいい。

 

2.五里霧

うわーすきー!!!そしてフロートにのるみなさん。組み分けは1回目と一緒です。あざっす。

 にの潤フロート。曲に合わせてぶんぶん大きくお手振りする2人。そして倒れる。

あと潤くんが「ブラジルの人聞こえますかー」的なことを床に向けてやってるわけですよ。にのちゃんに見て!って感じで。そして笑う2人。

 

3.エナジーソング~絶好調超!!!!~

イントロのクラップを二宮くんとハイタッチ式にやりたい潤くんは、二宮くんの真横で手を広げて待ちます。しかし二宮くんは全く気付いてくれません。それでも待つ潤くん。やっと気付く二宮くん、同時に悲しく膝をつきます。最後のヘイ!が残ってることに気付いた2人はそこだけハイタッチします!なんとも嬉しそうな潤くん!

現場からは以上です。

 

締めの挨拶入ります。そういえばなかったね!

松本「えーみなさん今日はほんとに楽しかったです。ありがとうございました!」「カーズ!」

二宮「へい!」

松本「ナイスソロ!」

二宮「センキュー!…いやあ楽しかったです。あのー久々、でもないのかアリーナがあったから、何回もあっていいもんだなあと思いました。ありがとうございました」「wwなんか1人w」

松本「なんか関取みたいな人いるけど、そんな声でしたっけ?w」

相葉「今日こういう」

櫻井「ガサガサだねw」

相葉「いやーほんとに楽しかった!」笑

松本「ナイスソロ!」

相葉「ありがとうございます、今日最後バク宙怖かった、着地ここ(床ぎりぎり)だったもん」

二宮「成功してたよ」

相葉「成功したからね?ほんとHAPPYでしたありがとうございます!」

 

櫻井「いやーほんとに上の上の方まで端の方まで、あっ手振ってくれてる」「うれしいなおい!」

松本「皆俺らに手を振って!!」

櫻井「うわっすごい!すみません落ち着きます」笑「先ほども言いましたけどね、お家帰って手元にあるAre you Happyを、Are you Happyお家バージョンして頂いて、じゃあもっかい聞いちゃうよ、『Are you Happy?』」

大野「今日はありがとうございました。皆さんの顔がはっきり見えましたよ、色んな人がいましたね。ほんとに楽しい3時間弱ですか、怪我なく無事終われて良かったです」笑「ありがとうございました」

松本「Happyになったかい?」「よかった、嬉しいですね。なんかあんまり難しいこと考えずに、それぞれが皆とどんなことをやったら楽しいかを考えてつくったライブだし、これでまた家に帰ってアルバムを聴いてもらってHappy感じて下さい。」「わたっ」噛む潤

櫻井「いいよー」二宮「いいよー」相葉「大丈夫よー」

松本「わたくしからは以上です。」

櫻井「あとちょっとだったのにー!」

松本「また皆さんと会える日を楽しみにしています。2016年まだひとつきありますがほんとにお世話になりました。」ざわ

松本「相葉くんもありますし」

相葉「そうですね」

松本「では最後に相葉くんから曲紹介を」

相葉「いいんですか!!?練習して」

松本「いいですよ」

相葉「うまくなっちゃうなー」

 

相葉「第67回紅白歌合戦最後の曲になりました。」

櫻井「違う、紅白じゃないんだけどなー笑 練習だからいいのか」

相葉「それでは白組最後の曲です。この曲で今年を締めくくります。嵐さんでDaylight」

 

4.Daylight

最後の曲Daylightかーなるほどーーーこれも良い曲だよね、うんうん

潤くんドラマのイメージが強いけど普通に聞いてもすきだよ

そしてメンバー紹介、それぞれ「どうもありがとう!!」「バイバイ!!」言いながら。

インストを聴きながらピアノを膝で弾いていた健人くんはこの時。

ちなみにお客さんにありがとう言うとき「5万5千人、ひとりひとりにありがとう!」言うんだねー、「俺らの名前はなんだっ、嵐ー!」そして帰ります。あー終わっちゃったーー

 

長々と書いた感想もやっと終わりまして。よし。

改めて読んでみると、意外!しか書いてないな。嵐経験の少ないわたしにはそうくるのか!みたいのが多かった気がします。

大体は書いたのですが、あと最後に一つ。

東京ドームってバルーンだから()まだ暗くなってない時だと中でも割と明るいんですよね、それを恥ずかしいと言う人もいたりして。でなくても、照明暗いときでも双眼鏡使うとスタンバイの様子とか結構見れるじゃないですか。でも嵐では、強い照明を目の前に焚くことで目隠しになってたんですよね。細やかだわ、ほんとに。去年も同じこと思ったか忘れましたが。

そーゆーとこがすき!

 

おわり。

嵐2016年度コンサートin東京(11/19)の話 p.4

MCも終わりまして、本編に戻ります。

17.Baby blue

MCの後ソロって、MC途中抜けってそんな悲しすぎることなくない?そんな構成悲しい…

さておき、曲はいつもの潤ソロっぽくないあまり踊らない動かないお洒落なナンバー。歌に専念、動きは最小限、ところがお洒落って感じでしょうか。

スクリーンには潤くんと誰か、が写った写真が流れていきます。良い写真ばかりなんですよね、年の順ですかね。様々な写真の中に勘三郎さんや蜷川さんとのお写真も。そのすぐ後に『愛しき人よ いつかまた巡り合う日まで』と歌うわけですよ、じゅーん。

Cメロでは背景の青空も夕焼けに。お潤の衣装も夕焼け柄で。私は勝手に青空をイメージしていたので、まさにblueな。だからすごい意外でした。でもいつも空のつながりを信じてる潤くんらしいソロでした。ぱちぱち。

 

18.Miles away

大野さんUSV曲。アルバム曲唯一のバラード。上下白衣装に着替えてリフターのってますみなさん。潤くんは途中参加、ちなみに白衣装の潤くんは彦星です。

『重なるフレーズ』というフレーズを綺麗なハモリで重ねていくのが特徴的な曲。元々嵐に改めてはまるきっかけの一つとなったのが5人の声の重なりがとても好みだったことなので好きしかない曲です。

そしてリフターやら金剛山?に乗っている皆さんですがその支柱には白いふわふわしたポンデリング的な布が。嵐は毎年この装置を使ってるだろうにまだやってないことを探してるのか、と思って感心してました。

 

19.果てない空

ほーぅなんか意外。むしろBeautiful days来そうなイメージ。まあ知らんがなって感じですけど。

個人的に、この曲は震災後によく歌ってたイメージがあるので今でもそのことが思い出されます。

あと、この曲終わりかな?制御されたペンライトが前のスクリーンに映る星と同じに白く光ってるわけですよ。ここで驚いたのがペンライトの光がまるでほんとの星のように強弱ついてまして。え?これ去年からこんな機能あったんだっけ??すごく細やかで惹かれる演出でした。

 

20.WONDER-LOVE

 いつの間にかメインステに戻り、横並び。白く光る棒的な物がたくさん吊られて、さらに上下するようです。語彙力の欠如

踊ります。後にパンフで仕掛けを知ることになりますがロックオン派のわたしには知る由もなく。

ほんというとこの曲の思い出がほとんどないのでした、それはもう次の曲に持ってかれたせいですよ、知ってます。

 

21.また今日と同じ明日がくる

歌って踊ることと、前評判としてこの曲の宇宙sixがかっこいい!と聞いてました。

見ました。こんなの聞いてたのと違う!!!!踊るって踊りすぎなのでは??もはや口も動かしてる??動かしてたらごめん!!まんまと二宮くんにしてやられましたよ。かっこよ。えーはー宇宙sixがかっこいいんじゃなくてこの歌全部がかっこいいんじゃ!って世界中にいってまわりましょう。

TV LIFEかな?でこの曲の題名を『今日と同じ今日がくる』にしようと思ってたみたいな話をしてましたが、正直見るまで忘れてたんすよ、へーそういう目線で曲聞いて見よー後で。って思ってたんすよ、でも曲の最後には、そのインタビューが思い出されるくらい狙いを体現してたんですよね。

余談ですが、私は「振り付けが振り付けに見えないダンス」が最上のダンスである。と思っているんですが、言っちゃえばその場の気持ちで踊ると言っていた今回の大野ソロみたいな。だからこの気持ちが全面に出るような二宮くんのダンスはもう突き抜けて良かったです。

また悲劇が似合うんだよねぇーキミは。

あと、曲間にある静寂。音源で聞いたときすごい叫びたくなる静寂だなって思ってたんですよ。変な意味でなく、ここで叫びたくなる間。しかし、目の前であれ見せられたら圧倒されて、叫ぶとかそんな暇ない。

 そういえば。この二宮くん監修の2曲中ペンライトが消されてまして、ステージ上の綺麗な棒をみろよ!集中しろよ!てな感じで良かったです。制御ペンラの一番の利は一斉に消せる所だなと改めて。暗闇も含めて完成されてたステージでした。

 

22.Amore

この後誰もやりたくないだろ、って思ったら相葉ソロきたー!

ツアーT?じゃないよね??ピンク似合う子相葉くん!Jr.に乗ったり降りたり、なんか、もうわっちゃわちゃですよ、期待通りの盛り上げです!

逆立ち…?ヘットスピン!えー!!とか思ってたら、、スタン宙!!おお!!しかもちゃんと下にマット引いてます。安心♡

ちなみにマットはJr.が寝っ転がって足で押さえてます。

 

23.青春ブギ

相葉さんUSV曲。歌前に曲フリ映像が。失恋克服道場(たしか)なるところの門下生な嵐さん。皆がどういうわけで恋愛出来ないかの紹介するんですけど、二宮さんごろごろ可愛すぎでは!

これも相葉さん発案じゃなきゃやらないだろうな笑 おじゅんなら思いついても自分で却下する笑

特効服的なロングコートに身を包み可愛い振り付けを踊る人たち。『love you』で胸にハートつくるなんてべただけど絶対可愛いじゃん!途中大宮で腹斬ったり斬られたり、剣道の素振りみたいな振りとか全員ちゃんと見たかった!

 そしてこの曲設定がっつりな割にはエピローグとか何もなくそのまま終わる!雑かよ!wなんかあっても良かったんじゃないかな、と思いつつも回収されずに次の曲へ!


24.Happyメドレー(Happiness~きっと大丈夫~A・RA・SHI~Trouble maker~Love Rainbow~言葉より大切なもの~ワイルドアットハート~感謝カンゲキ雨嵐)

ラストに向けて盛り上げながらファンサする、みたいな時間ですかね。そんなに覚えてないんですけど、とにかく河合くんがよく口ずさんでいたことは覚えてます。

やらないわけにはいかんだろ!みたいなシングル曲を消化するにはメドレーしかないんですよねーやっぱり。とか考えたり。HAPPYメドレーの1曲目がHappiness、じゃぽコンのメドレーでSUNRISE日本いれてきた潤くんらしいセットリストだね!!

あと美しかったのは、トラメからラブレインボーにいくときに綺麗に繋ぐためにラブレインボーのキーを低くしてました。綺麗に繋がっててウワーッと感心。そしてこの時間の制御ペンラは客席に『ARASHI』『HAPPY』の文字が流れる仕様に。

ここら辺でJr.紹介もあったはずなんですがJr.全員の名前が大きく流れるのにも感動しました。宇宙sixも輝いててすてき!

あとバクステに嵐3人いるのに近付いてくる潤くん見てた河合くんもここら辺です。

 

25.愛を叫べ

謎のHappyな巨大浮遊物と共に最後の曲です。さすが最高な曲すぎる!

「踊れー!」と潤くんが言うので踊ります。健人くんも踊っているので踊ります。

一人ずつモニターに抜かれる最後の翔くんがキス顔を披露するのは去年からずっと恒例なのかな?

バクステからメンステに戻る嵐。そして最後にお馴染みの矢を放つ振り付けがあるわけですが、斜め上に向けて打つ嵐。??となってるとちょうど斜め上にある巨大浮遊物から花がたくさん!巨大浮遊物をうってそこから花が出てくるわけですよね!すてき!!しかも客に降るというよりステージを華やかにするために降ってる!潔くて好き!!笑

ちなみにその花を拾って大野さんにあげる二宮くん。大野さんははける直前に投げ捨てました。

嵐2016年度コンサートin東京(11/19)の話 p.3

さてMCです。ここからはもはやメモ書きをただアップします。

櫻井「イエーイ!イエーイ!イェイイェイイェイ!東京ドームにお集まりの皆さん、こんばんは。お待たせしました、我々が!」

嵐「嵐でーす」

二宮「よろしくお願いいたします」

櫻井「上の上の方まで皆さんねありがとうございます、見えてます?見てますよ?」

「見てますよー」

櫻井「いやー大野さんさっきいなかったから

松本?「Oh noだよーぅ」

櫻井「ちょっと挨拶してよ」

大野「さっきはけちゃった」笑

櫻井「はけて出てきたらとんでもねえソロやってるから」笑

大野「Are you ready?!みんないけてるー?今日俺いけてるー??ありがとうっ!

櫻井「お話しの方したいと思いますので皆さん席についてお休み下さい」

二宮「いったんね?」

櫻井「まだまだ続きますから」

 

櫻井「さあ大野さん、相葉さん、前半から登場してからすごい盛り上がって頂いてましたけど

相葉「嬉しいですねほんとリアクション大きいね」

二宮「さっきも言ったけど1曲1曲に」

櫻井「そうだね、歓声がね、予習してきてくれてるよね」

相葉「翔ちゃんの間奏、あれ(片手ついて足あげる振りを指しながら)最高でした」

櫻井「あれ緊張したわー」

二宮「最高でしたよ、俺も見てたけど」

櫻井「出来てた?」

二宮「出来てたよ」

松本「だって相葉くん着替え途中なのにモニターの前に走ってって(じっと見る)『うぇーい!』って」笑

二宮「早く着替えなさいって」

相葉「これにはわけがある、翔ちゃんが、リハーサルやってるときに、皆帰った後ですよ翔ちゃんと、俺もダンスの練習してて、皆帰った後に2人残ってやってたから、どうしても見たかったの」

櫻井「あー嬉しい嬉しい」

相葉「かっこよかったよ」

櫻井「ありがと」

ハイタッチする櫻井相葉

 櫻井「あのー、違うの。

相葉「ぼーん!ぼーん

二宮「へたくそだな!笑」

櫻井「笑 僕のソロが技っぽい、東京から増やしたの。先週札幌でやってたのをこの一週間で踊りのパート増やしちゃったの、練習しなきゃダメじゃん、で練習してたの。」

二宮「次の大阪はまた伸びる

櫻井「伸びません」

二宮「違うの?」

櫻井「年末とかには俺のソロ2時間くらいになっちゃうから笑」

相葉「どうするどんどん伸びてったら」

二宮「30分くらいになっちゃう」 

櫻井「毎日伸ばしていくソロじゃないよ!笑 もうこれで完成」

櫻井「でも相葉くんも相葉くんでダンサーの人たちとチーム組んで、なんていうかチームでね」

相葉「そうだね」

櫻井「(応援してくれて)ありがとうございます」

二宮「ね、大野さんのソロもね、無事終わりまして

大野「ありがとうございます」

櫻井「すごいでしょ、わーかっこいいと思う人がいたりわー面白いって思ったりね」「すごいソロだと思わない?」

二宮「もし俺が経営者だったらすぐ呼び出すよね」

櫻井「あのーみなさんこれアート作品だと捉えて頂いて」笑

二宮「ソロ曲じゃないのね?笑」

松本「あのー1個聞いて良いですか、1番と2番の間の間奏の」言いながら顔真似する潤「あれなんすか」笑

二宮「こういうの聞くのはね」

松本「野暮だと思うんすよ、僕も」

大野「色んな壁にぶち当たっているんですよ、こんな壁がとか、上からとか」

二宮「松本さん聞いてるのそこじゃないす」

大野「違うその後、」

松本「その後ですね」

大野「上から下に落ちるジェットコースターのイメージです」

4人「…はははっ笑」笑

櫻井「そんなちゃんとあるんだ」

大野「ほんとはジェットコースター乗りに行こうと思ってたの」

松本「そうなんだ前に進んでんの?」←

大野「そう前向きなの」

相葉「なんで、ジェットコースターのって録らなかったの、わかんないよ」

二宮「撮りに行こうよすぐ隣にあるから笑」

櫻井「乗ってた??なんか壁のパート短くして、こううねうねして急に始めたでしょ?」

二宮「横に押されるのなかったよね」

大野「横に押される…あっちょっとあったよ伝わんなかった?」めっちゃウケてる翔さん

二宮「うねうねしてたんだよね?」

櫻井「そう、振り付けってがっちり決まってないの?日によって壁は違うの?」

大野「その時の感情で踊るから」笑

大野「こう(仁王だち)なってる日もあるから」

櫻井「笑 でもどっちが気合い入ってるとかじゃないんでしょ?むしろ立ってる方がアートなんでしょ?

二宮「いやー素晴らしい」

松本「アートって言葉いいなー笑」

櫻井「斬新なソロだな」笑「フリが効いてたんだよなー、アルバムで曲聞いてさ、今回大野智やってくるなーって思ったでしょ、」

松本「がちがちに踊るなーってね、そしたら半分パントマイムだからね」笑

大野「あと3人ですからね」

「ソロがね?」

大野「パントマイム使っても良いよ」

相葉「決まってんのよこっち笑」

 

櫻井「今日結構嵐のニュース見なかった?見たでしょ?例えばね、新聞見てたら日立さんのさ」

二宮「掃除機ね」

櫻井「ちょーかっこよかったよ」

相葉「ちっちゃいんだよね、ほんと便利ー」

二宮「ちょっと待って、…(誰かを探すフリ)あれ便利ですよねえー」

櫻井「やめろ!日立さんに媚売るんじゃない!」

松本「俺が一番好きですよ!」

櫻井「やめなさい!」

二宮「終わったらキリンビール飲みます^^」

櫻井「やめろー!」笑

櫻井「あとはクローバーのやつも見た?」

二宮「五つ葉のクローバー」

松本「今日会場で流れたでしょ?」

相葉「おはようございまーすってやつ」

櫻井「あのねー、ぐふっ笑 まあ楽しみにしてて下さい」

二宮「何も言わないのがね、アートだから」

 

櫻井「さあ今回はついてくれてる、ね、松本くん」松本くんが(こっち先にした方が)的なことをオフマイクで翔くんに言ってる。相談してる2人が画面に映る、目の前を通り過ぎながら

大野「アートだからね☆」

櫻井「えー、」

松本「ちょっと色々ありまして笑」

櫻井「予定を変更してお送りします。さ!嵐の皆さんの今後のお仕事!松本くんからお願いします!

松本(ナラタージュ宣伝)「仮編の状態をみたらしいんですけどすごい面白いらしいです、俺まだ見てないんですけど

櫻井「大人の恋愛映画なんでしょ?」

松本「っそうね、大人の恋愛映画」

櫻井「相葉さん聞いてみて」

相葉「ちゅーは?」

松本「子ども達ちょっと一瞬耳閉じてごらん」「…チューどころじゃないっすよ」

櫻井「ちょーちゅーですかね」

相葉「wちょーちゅー」

櫻井(ゼウス宣伝)「今まで最高かな、シーソーゲームになってますので」

相葉「今何勝何敗っすか」

櫻井「今っすか、勝ち負けじゃないから内容だから、…調べてみて下さい」

櫻井(新春ドラマ宣伝)「二年ぶりにやるって緊張しますね、クランクインの日はまさかのサッカー」笑「すごかったのーあのさー日本代表だった役なの、俺らが子ども時のさ、ラモスさんとかが来てたユニフォーム着て、なんていうか俺映像で見ると日本代表なの」

相葉「その時の日本代表も呼んだの?」

二宮「もうおじさんだろー」

大野(忍びの国宣伝)「ゆーりも出てる、初めて一緒仕事した、ゆーりと」

櫻井「ゆーりって呼んでんの?」

大野「ゆーりって呼んでる、だって向こう智くんって呼んでる」

櫻井「知らなかった」「相葉さん聞いちゃってー

相葉「ちゅーはありますか?」

大野「チューどころじゃないよ」笑

相葉「ええっ、くノ一とかっすか」

櫻井「くのいちw久々に聞いたよw」

二宮(レシピ宣伝)

櫻井「さあそして、相葉くん」拍手

相葉「第67回紅白歌合戦白組司会をやることになりました!ありがとうございます!」

櫻井「たぶんだけど本人が一番驚いてるんじゃない?」

相葉「そうだよ、皆も大晦日の最後まで安心できないね?」笑「皆の応援がなければ潰れちゃうかも知れない」

二宮「皆の応援がなかったら後半戦パネルになってるかもしれない」

相葉「嵐の皆もさ、応援してくれるって言って」

櫻井「我々まだお話し頂いてませんから」

相葉「歌唱はね、でも皆に僕やりますって発表したらがんばってねーって」

櫻井「頑張ってーとは思ってるよ」

二宮「頑張ってーってね」

相葉「ひどいこと言っていい、俺さーすごい不安でさー、もしミスして嵐に傷ついちゃったらどうしよーって言ったら(二宮くん指さしながら)お前一人じゃ傷つかねえよって言ったな!」笑

二宮くんの肩抱きながら、相葉「気が楽になったよ」

二宮「力が強すぎて今マイクがガンって、大丈夫だってそんなの、」

櫻井「大丈夫、それはあなたの人徳!ミスがあればあるほど面白いから」笑「俺がミスするとあーやっちまった感強いけどあなたがミスすると周りの人が(ニコニコ)」

大野「いっぱいミスりなよ」

相葉「わかった、ミスしても笑ってごまかす」

櫻井「やめろ!」

 

(バンドブラストの紹介)←さっきやろうとしてた件かな?

櫻井「後半戦行きますけども、白組の司会にお願いしちゃおうかな!」拍手

「「練習!」」

相葉「次は!…笑 あーほんと後で松潤に怒られるやつだな」

櫻井「怒られるね笑」

二宮「(イヤモニからの声を聞き)あっ、いいって!!」

相葉「ほんと?」

松本「いいよ!応援してるよ」

相葉「ありがとね。」←鬼のように優しい声

相葉「それでは続いて白組はこの方!松本潤さんで『Baby blue』!どうぞ!」

 

おわったーーー

最後のついったーにも書いた声が優しい件がほんとすき、相葉さんおにいほんとすき

嵐2016年度コンサートin東京(11/19)の話 p.2

1曲ずつこんな書くとは。そして小MCです。

普通にMCかと思って座りかけたじゃん!というかBBAは座ってたわ!わるいな!

 

以下メモと感想組み合わせ

松本「イェーイ!イェーイ!」

櫻井「とー!きょー!盛り上がってるねー」

相葉「盛り上がってるー東京帰ってきたね」

櫻井「相葉くんはなんか、ちょっと前半からとばしてる感じ?」

相葉「おっおお、体力ないっすwあとは気力でやります」

この後の相葉さんが『ボーン!ボーン!』うるさいって話で翔くんがレゲエ↑の人みたいって言ったのが地味に気になる。レゲエ↓じゃないの?パリピだから?

櫻井「(相葉さんがボーン言ってるの)わかった人どんくらいいる?」しーん

櫻井相葉「やめよやめよ!!」

櫻井「二宮さんどうです?」

二宮「いやー暑いですよ」

松本「ちょっと始まる前涼しいかなーと思ってたけどね!絶好調ですよ」

二宮「さっき挨拶の時に相葉さんが『地元に帰ってきたみたいですよ』って言ってたのが納得いかないっすね」

相葉「なんでだよ!」

松本「千葉だから」

相葉「千葉も東京も変わんないからね!ほんとに。みーんな嵐は東京でうまれた…、ハワイで生まれたんだ…!」

櫻井「俺らの地元ハワイじゃないからね笑 みんなCD聞きこんでくれてるのかな?」

 二宮「1曲1曲反応があるよね」

櫻井「いやあ聞いちゃおうかな、俺は聞いちゃうよ?いいね?えーAre you Happyご購入頂き、聞きこんだよって方いらっしゃいます?」\はーい/「すごいね??!」

二宮「うわー」

櫻井「ほんとに遠慮なく、知りたいだけ。知りたいだけだから、ちなみにCD買ってないし、1曲も聞いてない、なにも知らないで来ました私、僕って方」ちらほら

櫻井「嬉しいよ、むしろありがとう、これが嵐だから」

二宮相葉「CD買ってねー」

櫻井「初めて見た人、これが嵐です

松本「ショーーウ!!」じわじわときゃーが広がる会場w翔潤ってなんて罪深いの…!

松本「ショーウ!!」

二宮「今自己紹介してるのに…」

松本「カズ!!」

松本「マサキクン…」「オーノがイナーイ

櫻井「大野がいなーい!」

相葉「これが嵐じゃないじゃん!」

櫻井「手を上げて下さった皆さんこれが嵐じゃございません」

相葉「大野がいないじゃん」

松本「大野はどこいったんだー」

「「大野!」」

櫻井「よーし皆で呼んでみよう\おおのー!/」とっさのことに皆大野呼びするみなさんと私

 

11.Bad boy

じゃぽ暁で大野さんに圧倒させられた人としては 今回のソロも楽しみにしてたし、個人的に好きな曲の系統だし!どう仕上げてくるだろうとわくわくしていたわけですよ。

そして鳴るイントロ!レーザーばーっ!!全てのペンライトが青く光る会場!!これは!!五関くんソロの理想の完成形なのでは??!!ねえ河合くん!どうよ!バックもつけないのかー、ほぅなるほどなるほど、なるほど?え、これは笑っていいやつなの?真っ当にかっこいいやつやって欲しかった感もしなくもないけど、うん、なんか気持ちが迷子!!

 

12.TWO TO TANGO

きた!これも私が地味に選抜落ちを危惧していた1曲なのでうれしい。

なんか世界観が急にすごい…!Jr.はなんかひらひらした扇みたいの持たされてるし、翔くんがラップを歌う側で4人は這いつくばってるし、これはもしかしなくても大野さん振り付けですね!というか大野さん振り付けでなければ許されないだろ、こんなんw

まあパンフを読んだ結果、案の定振り付けby大野だったんですけど、ここで私が日頃より掲げている説を1つ。「松本さん、大野さんのこと好きすぎる問題」からの「アルバムの一番良い曲任せてる説」!またも更新されました。

 

13.復活LOVE 

ここでなんだ?!なんか意外!なんか、すごい、とっちらかってない?大丈夫かなあ?でもまあこの名曲の前にはひれ伏すしかないよね、ハンドマイクで花道進みながら歌うっていうのも新鮮でした。あと二番までちゃんとやるのが推せる。おかえりもかわうぃい

 

14.青空の下、キミのとなり

えっこの曲でアリトロ、これまた意外!そんな明るい曲設定だったのか潤ちゃん!自分的には相葉くん主演のドラマのイメージと相まって暗めな印象だったので意外でした。

 

15.ファイトソング

なつかし!懐かしくない?そーでもないの??知らん!たのしい!はい!はい!はいはいはい!

ケンティーもノリノリになりますよそりゃあねえ。皆も自由ですよ、潤と智は釣りをしてますよ。あともれなく生歌になるからすき。だったりする。

この曲でバクステからムービングしてセンステに。どんだけ動くねん君ら。大野さんの最後の一言「疲れた」うん、分かる。

 

16.Power of the Paradise

おおうここでかー、オリンピックも見てない私にはなんとなく影の薄いように感じてますがすきだよ!良い曲だよね!!そしてこの後MCきそう!やったー!ていうことを実際に見てる最中に考えてるクズ感。

相葉さんの「とぶよーとぶよー」も見れたよ!これはレポを見て、見逃してはいけないと思ってたところ!楽しそうで何より!

 

そしてMC。これは感想というより文字おこしになりそうなので次のエントリーにします。

嵐2016年度コンサートin東京(11/19)の話 p.1

今年も嵐のドームツアー東京公演(11/19)にお邪魔しました。だってみんな好きじゃん嵐!文句いいたくなる手前の調度よい好き度です。

ということで感想を1曲ずつ、これはまあ長々と書いてみました。読みづらいです。

 

まず!会場入って、まあなんてシンプルなセットでしょう!DVDでも感じましたが、嵐のライブは巨大なセットが後から出てきたりとかの最初受けた印象が変わるようなことがほとんどない。インパクト重視なライブに行くことが非常に多いので逆に新鮮ですね。

 

そして無事にペンライトの設定も完了し、暗くなるのを待ちます。そしたらバックヤードから円陣をしている声が聞こえるではありませんか!今まで繋がりにくかったネットがとたんに繋がりやすくなります。

 

そんなこんなで落ちる照明。

まずは映像が流れます。今回のライブ制作の様子ですね。ヲタクがこの世で一番好きなリハーサル映像が満載です。真剣な中にも嵐の仲の良さが伝わってくる映像でほっこり、一時停止しながら見たい、早く映像化して欲しい思いでいっぱい。

この映像の中で一番ぐっと来たのは、相葉さんがおそらく自分のUnder Super Vision(USV)曲の演出を潤くんにプレゼンしているであろうシーンですね、その時の相葉さんのなんとも言えない顔にキュンとしてしまい…相葉くんの顔もだけどその二人の関係性とかね?諸々にね??

 

そしてやっと1曲目ですよ、栄えある1曲目

1.Ups and downs

アルバム曲の中から選ぶなら妥当ですよ、むしろその曲しかないけど、1曲目としては地味じゃね?って思ってましたけど、、まあ、地味っちゃ地味だがまあよし!笑 ちょうど良い緩さでこんな感じのコンサートですよ!っていうのを伝える役割をはたした1曲目だったのかな?

 

2.supersonic

!!ええ?まじ?この手の曲は選抜落ち、良い曲なのに!とヲタクが叫ぶまでがワンパッケージじゃないんです??しかも2曲目。

ほんとに潤ちゃんと趣味が合う。余談ですがグループの演出担当と趣味が合うかってそのGを気持ちよく応援するにあたって実は一番大事なんじゃないかと常々思っているわけですよ、その点嵐の主な演出担当の潤様とは本当に趣味が合う!!大好き!!(どさくさ

 

3.I seek

前曲終わりの位置で次の曲がわかり、そしてあのイントロ、特攻。ここなんだ?!w高まるけど

ここでムビステ。こないだAAAも使ってたらしいですね、いやあ発明だなあ。

 

4.Oh yeah!

高まる!定番曲あがる!フロートにのります。組み分けは大野櫻井相葉、二宮松本。はい、ありがとうございます。

トロッコがまわってくるので曲に合わせて手振りな見学組。真剣に見てるだけなんだけど嵐本人にはつまんなそうと思われたくなくて手を振ってアピールするところにヲタクみを感じました。

それにしても良い曲ー。そりゃJr.も軒並み歌いますわ。

 

5.Love so sweet

はい良い曲。イントロからときめいちゃいます。しかし盛り上げソングメドレーに入ることで久しく踊ってないのでは。おこだよ

『伝えきれぬ愛しさは~』で下手にいる潤くんが歌いながら二宮くんに手を差し伸べ徐に歩いていく。ぶりっこびっくりポーズからのその手に姫のごとく自分の手を重ねるんるん歩く二宮くん。あーいとし

センターに戻りあの歌詞を前に肩を回して準備運動する櫻井、二宮からの『明けない夜はないよ』!やっぱこれがなくちゃね!そのための隣同士なのか?相葉くんもいれてあげて!

 

挨拶はいります。

その前に映像入り、あれはなんの効果があるのかわかんなかったけど潤くん的にはなにか意味があるのでしょう!w

松本「イェーイ!イェーイ!東京!東京!久しぶり!楽しむ準備はできてるか!楽しむ準備はできてるか!幸せになる準備は!幸せになる準備はできてるのか!(耳に手を当てるしぐさ)今から5人で5万5千人Happyにしようでないの!最後までついてこれんのか!OK!最高に楽しんでくれよろしくー」

二宮「いらっしゃいませー!いらっしゃいませー!嵐がきたぞ!たのしめるか!たんねえぞ!たんねえぞ!最後までよろしくー」

相葉「皆たんないってよー!たんないってよー!盛り上がってんのー?!もっと頂戴!もっとー!最高だぜ☆」

大野「はぁーい!はぁーい!はぁーい!いけるか-!いつものいけるか!いっちゃうよ??東京Are you Happy祭り、でぃ!よろしく」

 櫻井「How do you feeling Tokyoooo!調子はどうだTokyo!調子はどうだTokyo!HEY上の方調子はどうだ?上の方調子はどうなんだ!アリーナ調子はどうなんだ?男性陣調子はどうなんだ、野郎ども調子はどうなんだ!HEY女の子調子はどうだ?女の子調子はどうだ!Tokyo調子はどうだ!俺たちはもう準備できてっぞ?まだまだまだまだ足んねえぞ、Let me hear say ARASHI!もっとARASHI!ARASHI!screeeeam!2016Are you Happy are you ready?Let's party started!!!」

定番挨拶を聞かせてくれる安心感がここにあります。

 

6.sunshine

自分でがっつり盛りあげてソロの流れって恥ずかしくないのかなとちょっと思ったり思わなかったり笑

衣装がプレッピーでかわいい!朝起きてから出かける感じかな?階段上になったセットを降りていくだけのシンプルな演出で、この公演から間奏を長くして技ものも取り入れたと。一通り見た後だから言うけどトップバッターとはいえ、しかけがなく見えるもんね。仕方ない。

 

7.To my homies

翔さんソロからの翔さんUSV曲!この曲は皆でラップを歌い繋ぐ曲なんだけど、一人一人別の場所に登場してそれぞれで歌います。後から読んだパンフによると離れている友だちが電話で近況報告しているようなイメージらしい。会場一体となってクラップしているイメージだったからなんか意外だった。

それぞれがソロラップを歌っている間その人の子どもの時の写真がスクリーンにうつる。嵐はほんとに自分達の昔の写真すきねー。ただここで怖ろしいのが潤ちゃん子ども時代の写真がどれも可愛い、破格の可愛さ。ずーっと可愛かったんだね…。

そしてアウトロの中嵐が家らしきところで笑ってる映像。なにをしているかと思いきやただただ皆で「人生ゲーム」をしています。ちなみにパンフレットでは「ジェンガ」してます。君たちは日本のボードゲームを見直そうの会に属しているのか?なんじゃそりゃ。

そこで流れる嵐の声『変わらないねえ…』変わらないんかい、

 

8.DRIVE

ちっこい車にのった嵐きたー!ちっこい車にのった嵐が外周を走ります。運転手潤くん、助手席翔くん。後部座席には二宮、相葉、大野。真ん中は相葉くんです。ですよね。

翔くんが自撮り棒的な物をもって嵐を撮影してます。翔くんが撮る嵐が真ん中のモニターに。そして脇のモニターに撮ってる様子の全体図が。使えるぅう、出来る子すぎるぞ。じゅん。

翔さんがパートごとにカメラを振るんですが、これ覚えてるとしても念のため近くにパート割表みたいなものが置いてあるんですよね??それを見て逃さないようにスイッチする翔さん…パパ…

そしてバクステに差し掛かった頃車はゆっくりと停止。??となっていると『急なサプライズ~季節外れの打ち上げ花火』に合わせて小さめの花火がパンパンと!くぅー粋っすね!打ち上げ花火を乙女に見る翔さん(とそれを撮る二宮さん)わたしもそんな気分です!!

DRIVEの間制御装置の作動したペンライトはビルの街並みをうつしていましたが、今思うとこれも『地上はジオラマのよう』にかかっていたのか?

 

9.Step and Go

あのちっこい車の中で手を合わせる5人に!!となり、気持ちは自分の手も重なってそのままwe're gonna step and goですよ。

そしてそして、また見学席付近を通りますね。大野さんから投げチューをとばし(ケンティータイム参照)それにお返しをするケンティーさん。大野さん、そしてお隣の相葉さんとわちゃわちゃしてました。かわ

踊らないのはまあ残念ですが曲があがるからもういいや!と思ったら、最後ちょっとだけ踊るんですよ!そのバランス感覚がすき!!

そして?翔さん、二宮さん、の元に渡っていたカメラはいつの間にか潤くんの手に。翔くんがラップを歌いますね、歌いますね?撮影してますね??ちょうど車もステージに着き、皆後部座席の皆が降りていくわけですよ。残された2人、カメラ向けながらラップしてる翔くんと同じリズムで揺れてる潤くん。しかし意外と映像は揺れてない!wえ、なんなん?あの空間なんなん??

 

10.Don't you get it?

下手で皆が固まって動かない、なんだ!と思ったらあのイントロ!あがるしか!

MステでもPVでも好みでしかなかった振り付けにMステ仕様だと思ってたサングラス!すき!途中で投げるんだけど誰かのサングラスは後ろとばすから悲しくステージ上にあったのが気になる。ちな、『Lips』はモニター見ましたけど潤くんでした、勝訴!

そんなことより冷静に見ると衣装変じゃね??ドライブしてて全身見えなかったけど冷静に見たらそれなりに変!何モチーフ?せめてコンセプトだけ教えて!

 

そして小MCへ、ちょっと長くなりすぎたので分けます…→