読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嵐2016年度コンサートin東京(11/19)の話 p.1

今年も嵐のドームツアー東京公演(11/19)にお邪魔しました。だってみんな好きじゃん嵐!文句いいたくなる手前の調度よい好き度です。

ということで感想を1曲ずつ、これはまあ長々と書いてみました。読みづらいです。

 

まず!会場入って、まあなんてシンプルなセットでしょう!DVDでも感じましたが、嵐のライブは巨大なセットが後から出てきたりとかの最初受けた印象が変わるようなことがほとんどない。インパクト重視なライブに行くことが非常に多いので逆に新鮮ですね。

 

そして無事にペンライトの設定も完了し、暗くなるのを待ちます。そしたらバックヤードから円陣をしている声が聞こえるではありませんか!今まで繋がりにくかったネットがとたんに繋がりやすくなります。

 

そんなこんなで落ちる照明。

まずは映像が流れます。今回のライブ制作の様子ですね。ヲタクがこの世で一番好きなリハーサル映像が満載です。真剣な中にも嵐の仲の良さが伝わってくる映像でほっこり、一時停止しながら見たい、早く映像化して欲しい思いでいっぱい。

この映像の中で一番ぐっと来たのは、相葉さんがおそらく自分のUnder Super Vision(USV)曲の演出を潤くんにプレゼンしているであろうシーンですね、その時の相葉さんのなんとも言えない顔にキュンとしてしまい…相葉くんの顔もだけどその二人の関係性とかね?諸々にね??

 

そしてやっと1曲目ですよ、栄えある1曲目

1.Ups and downs

アルバム曲の中から選ぶなら妥当ですよ、むしろその曲しかないけど、1曲目としては地味じゃね?って思ってましたけど、、まあ、地味っちゃ地味だがまあよし!笑 ちょうど良い緩さでこんな感じのコンサートですよ!っていうのを伝える役割をはたした1曲目だったのかな?

 

2.supersonic

!!ええ?まじ?この手の曲は選抜落ち、良い曲なのに!とヲタクが叫ぶまでがワンパッケージじゃないんです??しかも2曲目。

ほんとに潤ちゃんと趣味が合う。余談ですがグループの演出担当と趣味が合うかってそのGを気持ちよく応援するにあたって実は一番大事なんじゃないかと常々思っているわけですよ、その点嵐の主な演出担当の潤様とは本当に趣味が合う!!大好き!!(どさくさ

 

3.I seek

前曲終わりの位置で次の曲がわかり、そしてあのイントロ、特攻。ここなんだ?!w高まるけど

ここでムビステ。こないだAAAも使ってたらしいですね、いやあ発明だなあ。

 

4.Oh yeah!

高まる!定番曲あがる!フロートにのります。組み分けは大野櫻井相葉、二宮松本。はい、ありがとうございます。

トロッコがまわってくるので曲に合わせて手振りな見学組。真剣に見てるだけなんだけど嵐本人にはつまんなそうと思われたくなくて手を振ってアピールするところにヲタクみを感じました。

それにしても良い曲ー。そりゃJr.も軒並み歌いますわ。

 

5.Love so sweet

はい良い曲。イントロからときめいちゃいます。しかし盛り上げソングメドレーに入ることで久しく踊ってないのでは。おこだよ

『伝えきれぬ愛しさは~』で下手にいる潤くんが歌いながら二宮くんに手を差し伸べ徐に歩いていく。ぶりっこびっくりポーズからのその手に姫のごとく自分の手を重ねるんるん歩く二宮くん。あーいとし

センターに戻りあの歌詞を前に肩を回して準備運動する櫻井、二宮からの『明けない夜はないよ』!やっぱこれがなくちゃね!そのための隣同士なのか?相葉くんもいれてあげて!

 

挨拶はいります。

その前に映像入り、あれはなんの効果があるのかわかんなかったけど潤くん的にはなにか意味があるのでしょう!w

松本「イェーイ!イェーイ!東京!東京!久しぶり!楽しむ準備はできてるか!楽しむ準備はできてるか!幸せになる準備は!幸せになる準備はできてるのか!(耳に手を当てるしぐさ)今から5人で5万5千人Happyにしようでないの!最後までついてこれんのか!OK!最高に楽しんでくれよろしくー」

二宮「いらっしゃいませー!いらっしゃいませー!嵐がきたぞ!たのしめるか!たんねえぞ!たんねえぞ!最後までよろしくー」

相葉「皆たんないってよー!たんないってよー!盛り上がってんのー?!もっと頂戴!もっとー!最高だぜ☆」

大野「はぁーい!はぁーい!はぁーい!いけるか-!いつものいけるか!いっちゃうよ??東京Are you Happy祭り、でぃ!よろしく」

 櫻井「How do you feeling Tokyoooo!調子はどうだTokyo!調子はどうだTokyo!HEY上の方調子はどうだ?上の方調子はどうなんだ!アリーナ調子はどうなんだ?男性陣調子はどうなんだ、野郎ども調子はどうなんだ!HEY女の子調子はどうだ?女の子調子はどうだ!Tokyo調子はどうだ!俺たちはもう準備できてっぞ?まだまだまだまだ足んねえぞ、Let me hear say ARASHI!もっとARASHI!ARASHI!screeeeam!2016Are you Happy are you ready?Let's party started!!!」

定番挨拶を聞かせてくれる安心感がここにあります。

 

6.sunshine

自分でがっつり盛りあげてソロの流れって恥ずかしくないのかなとちょっと思ったり思わなかったり笑

衣装がプレッピーでかわいい!朝起きてから出かける感じかな?階段上になったセットを降りていくだけのシンプルな演出で、この公演から間奏を長くして技ものも取り入れたと。一通り見た後だから言うけどトップバッターとはいえ、しかけがなく見えるもんね。仕方ない。

 

7.To my homies

翔さんソロからの翔さんUSV曲!この曲は皆でラップを歌い繋ぐ曲なんだけど、一人一人別の場所に登場してそれぞれで歌います。後から読んだパンフによると離れている友だちが電話で近況報告しているようなイメージらしい。会場一体となってクラップしているイメージだったからなんか意外だった。

それぞれがソロラップを歌っている間その人の子どもの時の写真がスクリーンにうつる。嵐はほんとに自分達の昔の写真すきねー。ただここで怖ろしいのが潤ちゃん子ども時代の写真がどれも可愛い、破格の可愛さ。ずーっと可愛かったんだね…。

そしてアウトロの中嵐が家らしきところで笑ってる映像。なにをしているかと思いきやただただ皆で「人生ゲーム」をしています。ちなみにパンフレットでは「ジェンガ」してます。君たちは日本のボードゲームを見直そうの会に属しているのか?なんじゃそりゃ。

そこで流れる嵐の声『変わらないねえ…』変わらないんかい、

 

8.DRIVE

ちっこい車にのった嵐きたー!ちっこい車にのった嵐が外周を走ります。運転手潤くん、助手席翔くん。後部座席には二宮、相葉、大野。真ん中は相葉くんです。ですよね。

翔くんが自撮り棒的な物をもって嵐を撮影してます。翔くんが撮る嵐が真ん中のモニターに。そして脇のモニターに撮ってる様子の全体図が。使えるぅう、出来る子すぎるぞ。じゅん。

翔さんがパートごとにカメラを振るんですが、これ覚えてるとしても念のため近くにパート割表みたいなものが置いてあるんですよね??それを見て逃さないようにスイッチする翔さん…パパ…

そしてバクステに差し掛かった頃車はゆっくりと停止。??となっていると『急なサプライズ~季節外れの打ち上げ花火』に合わせて小さめの花火がパンパンと!くぅー粋っすね!打ち上げ花火を乙女に見る翔さん(とそれを撮る二宮さん)わたしもそんな気分です!!

DRIVEの間制御装置の作動したペンライトはビルの街並みをうつしていましたが、今思うとこれも『地上はジオラマのよう』にかかっていたのか?

 

9.Step and Go

あのちっこい車の中で手を合わせる5人に!!となり、気持ちは自分の手も重なってそのままwe're gonna step and goですよ。

そしてそして、また見学席付近を通りますね。大野さんから投げチューをとばし(ケンティータイム参照)それにお返しをするケンティーさん。大野さん、そしてお隣の相葉さんとわちゃわちゃしてました。かわ

踊らないのはまあ残念ですが曲があがるからもういいや!と思ったら、最後ちょっとだけ踊るんですよ!そのバランス感覚がすき!!

そして?翔さん、二宮さん、の元に渡っていたカメラはいつの間にか潤くんの手に。翔くんがラップを歌いますね、歌いますね?撮影してますね??ちょうど車もステージに着き、皆後部座席の皆が降りていくわけですよ。残された2人、カメラ向けながらラップしてる翔くんと同じリズムで揺れてる潤くん。しかし意外と映像は揺れてない!wえ、なんなん?あの空間なんなん??

 

10.Don't you get it?

下手で皆が固まって動かない、なんだ!と思ったらあのイントロ!あがるしか!

MステでもPVでも好みでしかなかった振り付けにMステ仕様だと思ってたサングラス!すき!途中で投げるんだけど誰かのサングラスは後ろとばすから悲しくステージ上にあったのが気になる。ちな、『Lips』はモニター見ましたけど潤くんでした、勝訴!

そんなことより冷静に見ると衣装変じゃね??ドライブしてて全身見えなかったけど冷静に見たらそれなりに変!何モチーフ?せめてコンセプトだけ教えて!

 

そして小MCへ、ちょっと長くなりすぎたので分けます…→