読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嵐2016年度コンサートin東京(11/19)の話 p.3

さてMCです。ここからはもはやメモ書きをただアップします。

櫻井「イエーイ!イエーイ!イェイイェイイェイ!東京ドームにお集まりの皆さん、こんばんは。お待たせしました、我々が!」

嵐「嵐でーす」

二宮「よろしくお願いいたします」

櫻井「上の上の方まで皆さんねありがとうございます、見えてます?見てますよ?」

「見てますよー」

櫻井「いやー大野さんさっきいなかったから

松本?「Oh noだよーぅ」

櫻井「ちょっと挨拶してよ」

大野「さっきはけちゃった」笑

櫻井「はけて出てきたらとんでもねえソロやってるから」笑

大野「Are you ready?!みんないけてるー?今日俺いけてるー??ありがとうっ!

櫻井「お話しの方したいと思いますので皆さん席についてお休み下さい」

二宮「いったんね?」

櫻井「まだまだ続きますから」

 

櫻井「さあ大野さん、相葉さん、前半から登場してからすごい盛り上がって頂いてましたけど

相葉「嬉しいですねほんとリアクション大きいね」

二宮「さっきも言ったけど1曲1曲に」

櫻井「そうだね、歓声がね、予習してきてくれてるよね」

相葉「翔ちゃんの間奏、あれ(片手ついて足あげる振りを指しながら)最高でした」

櫻井「あれ緊張したわー」

二宮「最高でしたよ、俺も見てたけど」

櫻井「出来てた?」

二宮「出来てたよ」

松本「だって相葉くん着替え途中なのにモニターの前に走ってって(じっと見る)『うぇーい!』って」笑

二宮「早く着替えなさいって」

相葉「これにはわけがある、翔ちゃんが、リハーサルやってるときに、皆帰った後ですよ翔ちゃんと、俺もダンスの練習してて、皆帰った後に2人残ってやってたから、どうしても見たかったの」

櫻井「あー嬉しい嬉しい」

相葉「かっこよかったよ」

櫻井「ありがと」

ハイタッチする櫻井相葉

 櫻井「あのー、違うの。

相葉「ぼーん!ぼーん

二宮「へたくそだな!笑」

櫻井「笑 僕のソロが技っぽい、東京から増やしたの。先週札幌でやってたのをこの一週間で踊りのパート増やしちゃったの、練習しなきゃダメじゃん、で練習してたの。」

二宮「次の大阪はまた伸びる

櫻井「伸びません」

二宮「違うの?」

櫻井「年末とかには俺のソロ2時間くらいになっちゃうから笑」

相葉「どうするどんどん伸びてったら」

二宮「30分くらいになっちゃう」 

櫻井「毎日伸ばしていくソロじゃないよ!笑 もうこれで完成」

櫻井「でも相葉くんも相葉くんでダンサーの人たちとチーム組んで、なんていうかチームでね」

相葉「そうだね」

櫻井「(応援してくれて)ありがとうございます」

二宮「ね、大野さんのソロもね、無事終わりまして

大野「ありがとうございます」

櫻井「すごいでしょ、わーかっこいいと思う人がいたりわー面白いって思ったりね」「すごいソロだと思わない?」

二宮「もし俺が経営者だったらすぐ呼び出すよね」

櫻井「あのーみなさんこれアート作品だと捉えて頂いて」笑

二宮「ソロ曲じゃないのね?笑」

松本「あのー1個聞いて良いですか、1番と2番の間の間奏の」言いながら顔真似する潤「あれなんすか」笑

二宮「こういうの聞くのはね」

松本「野暮だと思うんすよ、僕も」

大野「色んな壁にぶち当たっているんですよ、こんな壁がとか、上からとか」

二宮「松本さん聞いてるのそこじゃないす」

大野「違うその後、」

松本「その後ですね」

大野「上から下に落ちるジェットコースターのイメージです」

4人「…はははっ笑」笑

櫻井「そんなちゃんとあるんだ」

大野「ほんとはジェットコースター乗りに行こうと思ってたの」

松本「そうなんだ前に進んでんの?」←

大野「そう前向きなの」

相葉「なんで、ジェットコースターのって録らなかったの、わかんないよ」

二宮「撮りに行こうよすぐ隣にあるから笑」

櫻井「乗ってた??なんか壁のパート短くして、こううねうねして急に始めたでしょ?」

二宮「横に押されるのなかったよね」

大野「横に押される…あっちょっとあったよ伝わんなかった?」めっちゃウケてる翔さん

二宮「うねうねしてたんだよね?」

櫻井「そう、振り付けってがっちり決まってないの?日によって壁は違うの?」

大野「その時の感情で踊るから」笑

大野「こう(仁王だち)なってる日もあるから」

櫻井「笑 でもどっちが気合い入ってるとかじゃないんでしょ?むしろ立ってる方がアートなんでしょ?

二宮「いやー素晴らしい」

松本「アートって言葉いいなー笑」

櫻井「斬新なソロだな」笑「フリが効いてたんだよなー、アルバムで曲聞いてさ、今回大野智やってくるなーって思ったでしょ、」

松本「がちがちに踊るなーってね、そしたら半分パントマイムだからね」笑

大野「あと3人ですからね」

「ソロがね?」

大野「パントマイム使っても良いよ」

相葉「決まってんのよこっち笑」

 

櫻井「今日結構嵐のニュース見なかった?見たでしょ?例えばね、新聞見てたら日立さんのさ」

二宮「掃除機ね」

櫻井「ちょーかっこよかったよ」

相葉「ちっちゃいんだよね、ほんと便利ー」

二宮「ちょっと待って、…(誰かを探すフリ)あれ便利ですよねえー」

櫻井「やめろ!日立さんに媚売るんじゃない!」

松本「俺が一番好きですよ!」

櫻井「やめなさい!」

二宮「終わったらキリンビール飲みます^^」

櫻井「やめろー!」笑

櫻井「あとはクローバーのやつも見た?」

二宮「五つ葉のクローバー」

松本「今日会場で流れたでしょ?」

相葉「おはようございまーすってやつ」

櫻井「あのねー、ぐふっ笑 まあ楽しみにしてて下さい」

二宮「何も言わないのがね、アートだから」

 

櫻井「さあ今回はついてくれてる、ね、松本くん」松本くんが(こっち先にした方が)的なことをオフマイクで翔くんに言ってる。相談してる2人が画面に映る、目の前を通り過ぎながら

大野「アートだからね☆」

櫻井「えー、」

松本「ちょっと色々ありまして笑」

櫻井「予定を変更してお送りします。さ!嵐の皆さんの今後のお仕事!松本くんからお願いします!

松本(ナラタージュ宣伝)「仮編の状態をみたらしいんですけどすごい面白いらしいです、俺まだ見てないんですけど

櫻井「大人の恋愛映画なんでしょ?」

松本「っそうね、大人の恋愛映画」

櫻井「相葉さん聞いてみて」

相葉「ちゅーは?」

松本「子ども達ちょっと一瞬耳閉じてごらん」「…チューどころじゃないっすよ」

櫻井「ちょーちゅーですかね」

相葉「wちょーちゅー」

櫻井(ゼウス宣伝)「今まで最高かな、シーソーゲームになってますので」

相葉「今何勝何敗っすか」

櫻井「今っすか、勝ち負けじゃないから内容だから、…調べてみて下さい」

櫻井(新春ドラマ宣伝)「二年ぶりにやるって緊張しますね、クランクインの日はまさかのサッカー」笑「すごかったのーあのさー日本代表だった役なの、俺らが子ども時のさ、ラモスさんとかが来てたユニフォーム着て、なんていうか俺映像で見ると日本代表なの」

相葉「その時の日本代表も呼んだの?」

二宮「もうおじさんだろー」

大野(忍びの国宣伝)「ゆーりも出てる、初めて一緒仕事した、ゆーりと」

櫻井「ゆーりって呼んでんの?」

大野「ゆーりって呼んでる、だって向こう智くんって呼んでる」

櫻井「知らなかった」「相葉さん聞いちゃってー

相葉「ちゅーはありますか?」

大野「チューどころじゃないよ」笑

相葉「ええっ、くノ一とかっすか」

櫻井「くのいちw久々に聞いたよw」

二宮(レシピ宣伝)

櫻井「さあそして、相葉くん」拍手

相葉「第67回紅白歌合戦白組司会をやることになりました!ありがとうございます!」

櫻井「たぶんだけど本人が一番驚いてるんじゃない?」

相葉「そうだよ、皆も大晦日の最後まで安心できないね?」笑「皆の応援がなければ潰れちゃうかも知れない」

二宮「皆の応援がなかったら後半戦パネルになってるかもしれない」

相葉「嵐の皆もさ、応援してくれるって言って」

櫻井「我々まだお話し頂いてませんから」

相葉「歌唱はね、でも皆に僕やりますって発表したらがんばってねーって」

櫻井「頑張ってーとは思ってるよ」

二宮「頑張ってーってね」

相葉「ひどいこと言っていい、俺さーすごい不安でさー、もしミスして嵐に傷ついちゃったらどうしよーって言ったら(二宮くん指さしながら)お前一人じゃ傷つかねえよって言ったな!」笑

二宮くんの肩抱きながら、相葉「気が楽になったよ」

二宮「力が強すぎて今マイクがガンって、大丈夫だってそんなの、」

櫻井「大丈夫、それはあなたの人徳!ミスがあればあるほど面白いから」笑「俺がミスするとあーやっちまった感強いけどあなたがミスすると周りの人が(ニコニコ)」

大野「いっぱいミスりなよ」

相葉「わかった、ミスしても笑ってごまかす」

櫻井「やめろ!」

 

(バンドブラストの紹介)←さっきやろうとしてた件かな?

櫻井「後半戦行きますけども、白組の司会にお願いしちゃおうかな!」拍手

「「練習!」」

相葉「次は!…笑 あーほんと後で松潤に怒られるやつだな」

櫻井「怒られるね笑」

二宮「(イヤモニからの声を聞き)あっ、いいって!!」

相葉「ほんと?」

松本「いいよ!応援してるよ」

相葉「ありがとね。」←鬼のように優しい声

相葉「それでは続いて白組はこの方!松本潤さんで『Baby blue』!どうぞ!」

 

おわったーーー

最後のついったーにも書いた声が優しい件がほんとすき、相葉さんおにいほんとすき